脱毛後もつるつるの肌を維持するために!長持ちする脱毛処理のコツ

脱毛後のつるつる肌を長持ちさせたい

自宅でムダ毛処理をしたはいいものの、ほんの数日経っただけでポツポツとムダ毛が目立ち始めて落ち込んでしまう、そんな経験ありませんか?実はムダ毛処理後につるつるすべすべ肌を維持するのには、ちょっとしたコツがいるのです。そこで今回はムダ毛処理後のすべすべ肌を長持ちさせる2つのコツをご紹介します。

イソフラボンの入った保湿剤をつかう

美肌に良いとされているイソフラボン、昨今では化粧水など日々のスキンケア用品にも多く配合されています。そんなイソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つことから、体毛が生えるスピードを遅くする抑毛効果があるとされています。そのため日々のムダ毛処理後にイソフラボンが配合された保湿剤をしっかりと染み込ませるように塗布することで、ムダ毛の伸びるスピードが遅くなり、次に生えてくるムダ毛も細く目立ちにくくする効果が期待できます。また、ムダ毛処理後の肌は非常に敏感でほんの少しの刺激にも過剰に反応してしまい、カミソリ負けの跡や毛穴の黒ずみが目立ってしまうことがあります。ですから、保湿剤をしっかりで肌表面を保護することも、美肌を維持するためには大切なことです。

剃るよりも抜く方が長持ちする

カミソリやシェーバーを使って処理できるのは、肌表面に見えているムダ毛のみです。そのため丁寧に処理をしても数日後にはチクチクとムダ毛が生えてきてしまいます。一方毛抜きやブラジリアンワックスを使うと毛を根元から抜くことができ、次に毛が生えてくるまで時間が掛かるので、その分つるつる肌を維持することができます。できるだけ綺麗な肌を維持したいのであれば、剃るよりも抜く方が良いといえるでしょう。

VIOの脱毛と言われる部位のVはビキニライン、Iは陰部の両サイド、Oは粘膜を除いた肛門部分を意味しています。