脱毛処理は医療用レーザー脱毛が最適な理由を知れば脱毛の悩みから開放される

脱毛は成長期にある毛に対して行うと良い

光脱毛やレーザー脱毛ならば、従来から存在している強い痛みを伴ったニードル脱毛ほどつらい思いをしなくて済みます。しかし、毛母細胞に特定の波長を持った光またはレーザーを照射してダメージを与えることにより、減毛効果を繰り返して永久脱毛を目指すので照射光が強いほど少ない施術回数で脱毛可能です。脱毛サロンで使われている光脱毛器は、医師免許を持たない施術者でも取扱出来るほど出力を抑えられているので痛みは少ないものの何度も照射を繰り返さなければなりません。また、光脱毛器はメラニン色素に反応して毛母細胞へダメージを与えるので、成長期にある毛に対してのみ効果が出やすいとされています。脱毛サロンへ通うサイクルが指定されるのは、部位ごとに異なる毛周期に合わせて施術するためです。

医療用レーザー脱毛なら最小限の回数で永久脱毛可能

医療用レーザー脱毛は、医療行為として認められている強いレーザー光を使って毛母細胞にダメージを与えることが出来るので、減毛効果が脱毛サロンとは明らかに異なります。2ヶ月サイクルにて5回程度の照射から永久脱毛効果を期待出来るので、最短1年で永久脱毛を行えるわけです。医療用レーザー脱毛器から照射されるレーザー光は強いので、人により痛みを強く感じることが少なくありません。しかし、予め医師に相談することにより表皮麻酔をかけた上でレーザー脱毛を行ってもらえることから痛みに関してはさほど心配する必要がなくなっています。医療行為として医療用レーザー脱毛は行われるので、医師による診察を行った上で施術内容の解説を行い最終判断は本人により行われるので、勧誘行為は殆ど無いです。

医療脱毛は、美容クリニックや皮膚科で行われる医療行為にあたる施術です。ドクターの指導で行う脱毛であるため、万が一施術により火傷や炎症などが生じた場合は速やかに対処してもらえます。