除毛と脱毛の違いって?どんなやり方で除毛をするの?

効果が異なる脱毛と除毛

はじめに、脱毛については毛根からムダ毛を処理するのが特徴で、毛そのものを抜くか、毛根自体の活動を抑制して生えなくさせることを意味します。一方の除毛は、肌表面から出ているムダ毛を取り除くことを指し、毛穴の中にはムダ毛がまだ残っている状態です。効果で言えば、毛穴の中をスッキリさせられる脱毛の方が高く、中にムダ毛が残る除毛は効果が低めと言えるでしょう。

どうやって除毛を行うの?

除毛のやり方としては、クリームタイプやローションタイプのアイテムでケアするのが一般的です。両者では効果の出方が違い、クリームタイプはムダ毛そのものを溶かす効果があり、塗った直後から体毛の分解が始まります。その後、スポンジで拭き取ったり洗い流したりすることで、簡単にツルツルの肌にできます。かたやローションタイプは、ムダ毛の成長を抑制する効果を持つのが特徴で、ケアを続けることで発毛をしにくい状態に導くというものです。いわゆる抑毛という効果を得られ、ムダ毛を細くして目立ちを抑えます。クリームと違い即効性を狙うものではありませんので、継続使用が前提のお手入れ方法です。

ツルツルを保つなら脱毛が最適

除毛でもお肌をキレイに見せることはできます。ただ、繰り返しのお手入れをしないとコンディションを維持することはできません。そうした手間が煩わしく感じられる人には脱毛がおすすめと言えるでしょう。特に、エステやクリニックにおける専門の施術なら、毛根そのものの活動を抑制でき、面倒なメンテナンスは不要でツルツル肌を保てますよ。

広島の脱毛は広島市街中心に行くと様々な店舗があります。どの店舗でも、施術の体験ができるため比較しやすいです。